理系の本 物理

超弦理論を理解した気になれる入門書!

大栗先生の超弦理論入門

  • 著者:大栗博司
  • 発売日:2013-08-20

感想

う〜ん。
難しい。普通の感覚では量子の世界はさっぱりやな。

ただ、本書を読めば超弦理論についてわかった気なるのはいいかな(笑)
何冊か読んだけど、この本が一番わかりやすい!(わかってないけど)

超弦理論は素人の間では「超ひも理論」と言われていれ、すべてのは物体を構成する素粒子は「点」ではなく「弦(ひも)」でできていて、さらに世界は「11次元」だという仮説。
(正確には9次元で、特殊な場合は1次元増えて、それに時間を追加して11次元らしい)

というよくわからんが魅力的な仮説なんです。

超弦理論についてちょっと深堀りしようと思って購入したのが本書『大栗先生の超弦理論入門』。
まぁ入門なんやろうけど、難しい。。。

ただ、大栗先生の文章が上手!
こういう類いの本は「である調」で書かれとることが多いけど、この本は「ですます調」で優しく感じる(笑)内容は難しいけど...
難しいなりにも簡単に感じるから、読み終わったあとはなぜか納得感が得られる(笑)

超弦理論の魅力はいろいろあるけど、感じたことは

1.理論が七転び八起き
2.複数の研究者が携わっている
3.標準理論の矛盾を説明できる
4.日本人の多くが関係している
5.今も議論が進行中

まずこの超弦理論は相対性理論とは違って、複数の研究者が作り上げているところにドマラがあるのが面白い。

弦理論 → いやいや、それじゃこれ説明できないよ?
超弦理論 → まぁそれもいいけど、今は標準理論のほうがHOTだよね!パリティ破れないし
超弦理論|第一次革命発生 → ぷぷっなんか5つも理論できちゃってるじゃん(笑)
超弦理論|第二次革命発生 → 超弦理論すげー!!!

という感じに波乱万丈の論生があったらしい。

変化の節々に別々の研究者がはいって、一生懸命バベルの塔を作る人間を重なるドラマが楽しい。

相対性理論はアインシュタインが一人で頑張って、みんなから攻撃受けても反撃していったというアインシュタインの話がメインになるけど、超弦理論は超弦理論の話になるのがなんかいい。

しかも、湯川さん、朝永さん、南部さん、後藤さん、米谷さん、小林さん、益川さん、大栗さん、稲見さんと多くの日本人が関係しているのも嬉しい。

基本的なところから、標準理論、カラビ-ヤウ空間、M理論と続き、最後は空間は幻想という(笑)

空間は温度の概念に近いと。温度は実は粒子の運動で、ミクロでみると温度など存在しない。つまり、温度はマクロ視点で見える幻想で、空間もそれに近いと。

この辺からちょっとわからんくなるけど、超弦理論のことについてちょっと深堀りしたいという人にはおすすめの本!

↓大栗先生による本書の刊行記念メッセージ

───────────────
大栗先生について
───────────────

カリフォルニア工科大学カブリ冠教授、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員。1962年生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学大学院修士課程修了。東京大学理学博士。プリンストン高等研究所研究員、シカゴ大学助教授、京都大学助教授、カリフォルニア大学バークレイ校教授などを経て、現職。アスペン物理学センター理事でもある。

※amazonより